Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554
Buzz Rickson's<br>PEA COAT<br>BR11554

Buzz Rickson's
PEA COAT
BR11554

定価 ¥49,000
/

Buzz Rickson's
PEA COAT
BR11554

  • 俗にピー・コートと呼ばれるコートの原型は、18世紀には存在していたとも言われている。名称は、オランダ語の「Piijekker(ピーイエッケル)」を英語にした物で「Pii」が粗い毛織物、「jekker」がジャケットから由来している。ヨーロッパ諸国でもピー・コート型のコートが幾つか軍で採用されてきたが、今回のこのピー・コートは、アメリカ海軍が下士官用コートとして採用した1910年代のものである。1910年代のコートの特徴は、高密度の分厚いメルトンウール素材を用いていることと、アメリカの国章を表す13個の星が彫刻されたアンカーボタンが付くことである。この13個の星は、1777年にアメリカが合衆国として独立した時の州の数が13であったことに由来している。アメリカ海軍がピー・コートを採用した正確な時期は不明だが、第一次大戦当時の服装規定には既に下士官用コートとしてオーバーコートが採用されていた。襟が大型なのは海上で作業する際、襟を立てて顔を覆い、強風対策を十分に確保出来るよう設計されている。また、ポケットはスリット式のものが垂直に付けられているが、これは凍えた手を暖めるためのハンドウォーマーポケットである。1930年代以降になると生産性やコスト面が見直され、生地の軽量化が進み。13スタートボタンも廃止される。
  • モデル着用サイズ:40(身長180cm 72kg)
【パーツ】

マテリアル:36oz メルトンウール

ライニング:レーヨン コットンサテン

ボタン:MIL規格ユリア(尿素)製(13スター&アンカーモチーフ初期タイプ)

ラベル:Naval Clothing Factory

【製品の特徴】

着脱可能なチンストラップ

 

サイズチャート
サイズ表記
(インチ)
肩幅 身幅 着丈 袖丈
34 41cm 47cm 72cm 60cm
36 43cm 50cm 74cm 62cm
38 45cm 53cm 76cm 64cm
40 47cm 56cm 78cm 66cm
42 49cm 59cm 81cm 68cm
44 51cm 62cm 84cm 70cm

※こちらの製品は半世紀以上前の生地、パーツを再現しております。お取り扱いには十分ご注意ください。

※商品は独自の採寸方法により採寸をしております。

詳細は下記"サイズの測り方"をご確認ください。

※商品には個体差がございますので、寸法は上記サイズ表と比べて若干異なる場合がございます事をご了承ください。

あなたにおすすめのアイテム