Sun Surfに思うこと

HINOYAのウェブ担当スタッフ福本です。昔からアロハシャツが大好きでこの季節になると毎年新商品の入荷が待ち遠しいです。そしていよいよ2021年もSun Surfの季節がやってきました。
サンサーフのアロハシャツを撮影していて改めて感じる事は、色の綺麗さはもちろんのこと、生地の素材感、それぞれのアロハシャツごとに異なるボタン、ポケットの柄合わせ、どれをとっても素晴らしい出来栄えです。
それもそのはず。Sun Surfを製作する東洋エンタープライズはヴィンテージハワイアンシャツのコレクターとしても有名で、その数なんと4000枚を超えるそうです。そしてそのヴィンテージを生地やプリント方法、ボタンの素材などを徹底的に研究し、それを古くから存在する日本の職人技術を駆使して現代に甦らせています。
今シーズンも色々な柄が発売されますが、まずは、長袖モデルからの入荷です。今年は別注モデルもいくつか登場しますので、是非お楽しみに。

アロハシャツは、アートを着ると言えるほどにプリントのデザインや発色が重要で、それを支えているのが日本が世界に誇る捺染の技術です。捺染方法には2種類あり、ひとつは生地を地染めし、柄の部分を抜染剤で抜くと同時に他の色で染め付ける抜染プリント。そして、もうひとつが淡い地色に、より強い色を塗り重ねていくオーバープリントです。
これらのプリント方法では、数十メートルの捺染台に生地を貼り付け、版を移動させながら染料を刷り込みます。この作業を色の数だけ繰り返し、生地に絵柄を染め上げていくのですが、版がずれないように刷り重ね、なおかつ当時の深みのある発色を再現するには、職人の高い技術や経験による調整を必要とします。日本の限られた工場でしか行えない、まさに職人技によるアロハシャツです。柄によっては20色以上もの色を刷り込んでいく事を考えると、Sun Surfのアロハシャツがアートと言っても良いほどの出来栄えである事が良くわかります。そして値段の感覚は人それぞれですが、ここまで拘って作り上げたアロハシャツとしてはとても安いと思います。Sun Surfのより多くの人にアロハを着て楽しんでもらいたいという思いも本当に嬉しい事です。

柄によって異なるボタン素材。竹やココナッツ、そして尿素ボタンなど、ヴィンテージアロハシャツに基づき、忠実に再現しています。また、ポケットの絵柄も身頃にきちんと合わせていますので、着用した時の見栄えもより自然で綺麗ですね。

今シーズンも長袖から登場です。プリント手法も抜染やオーバープリントなど、ヴィンテージを忠実に再現しています。2005年に登場した五重の塔と桜の柄をブラックカラーで別注したモデル(SS28599HY)はほぼ完売してしまいましたが、今後半袖モデルも登場予定です。壁縮緬素材に日本らしい五重の塔と桜のデザイン。ブラックカラーとの相性も抜群で、めちゃめちゃかっこいいアロハシャツです。是非ご期待ください。
また、柄は一期一会。毎年色々なデザインが登場しますが、元々ヴィンテージのものを再現しているので、柄に新しいとか古いとかはあまり関係ありません。一度売り切れてしまうと、次にいつそのデザインが登場するかはSun Surf次第。皆様のお好きな柄が見つかるといいですね。
商品の詳細は各写真をクリック!
全てのSun Surfのアイテムを見る

SS28551
"PINEAPPLE"
SS28553
"EMPYREAL GIFT FROM HAWAII"
SS28555
"MACINTOSH UKULELE"
SS28552
"LEAF AND ANGEL'S TRUMPET"