最新の鬼デニムが最良の鬼デニム

こんにちは。

NET店のタクゾーです。


お料理YouTuberのリュウジ氏が公開した

『至高のとり天』を胸肉ではなくササミで作ってみたところ、

非常に美味すぎました。


揚げたそばから味見と称し、揚げたてを一口ほおばる。

……。プシュ!(何かを開ける音)

グビ…。フフフ…。

…衣が余ったから、エリンギと舞茸も揚げよう。しょうがないなー。


夕飯の支度をしながら、ひと足お先に晩酌。

これがキッチンドランカーの醍醐味か…!!



さてさて、、、

当店で『至高』といえば、

『鬼デニム』!

鬼デニム Neat Straight 16oz Green Cast Denim ONI-246GC16



久しぶりの登場、グリーンキャストをまとったデニムです。


グリーンキャストとは!

インディゴ染色の工程の最後に違う色で染色する方法です。

うっすらと緑がかっているのがおわかりになりますでしょうか?

ONI Denim(鬼デニム)Neat Straight 16oz Green Cast Denim ONI-246GC16




なぜインディゴの上に色をのせるのか?

理由は色々とございますが、一言にインディゴといっても

実に様々な色相がございまして…


赤や黄をのせると黒っぽくなりますし、

緑をのせるとこの通り、インディゴが酸化したような風合いなります。


ONI Denim(鬼デニム)Neat Straight 16oz Green Cast Denim ONI-246GC16

 

生地は16オンス相当。

鬼デニムを鬼デニムたらしめるザラザラ感の強さは

まるで鮫肌のよう。


ザラつきが強いということは、

色落ちの迫力に繋がります。

ジーンズの色落ち表現で『点落ち』という表現が用いられますが、

鬼デニムの点落ちは別格です。

雨に打たれたかのように落ちてゆきます。

ONI Denim(鬼デニム)Neat Straight 16oz Green Cast Denim ONI-246GC16

 

裏から見ると生地の織ムラ具合がよくわかります。
(見すぎると目がシパシパします。撮影泣かせ。)


シルエットはニートストレート。

働いたら負け、という意味ではありません。

『すっきりとした』『さっぱりとした』という意味でのニートです。

ONI Denim(鬼デニム)Neat Straight 16oz Green Cast Denim ONI-246GC16
ONI Denim(鬼デニム)Neat Straight 16oz Green Cast Denim ONI-246GC16
ONI Denim(鬼デニム)Neat Straight 16oz Green Cast Denim ONI-246GC16

 

クセのないストレートです。

テーパードも強くなりすぎず、スタンダード/オーソドックスな部類のシルエットです。

個人的にはテーパードが強いジーンズの方が好みですが、

かかり過ぎていると『なんかスッキリし過ぎてる』『ヴィンテージ感が少ない!』

という方もチラホラ。


昔ながらのストレートフィットがお好みの方にもお勧め出来るシルエットです。

しかし、本当に定番製品が無いブランドです…

よく再入荷は?と尋ねられますが、本当に分からないのです…お店側も…


シルエットもその時の気分(?)で登場したり、登場しなかったり。

生地に至っては予測不能。


しかし、それもこのブランドの魅力の一つ。

秘密のベールに包まれた、神秘性を感じさせる部分です。

某車メーカーのキャッピコピーよろしく

『最新の鬼デニムが最良の鬼デニム』という精神で常にデニムの可能性を追い求めるブランドです。

そういえば、製品番号(246とか586とか)も車の排気量っぽいなぁという気になってきました。

ONI グリーンキャストデニム、皆さんのジーンズコレクションに加えてみてください。

HINOY ONLINE STORE